オカザえもんという異色のゆるキャラ(愛知県岡崎市)

オカザえもん兄

ゆるキャラオカザえもんには同じ系統のよく似た兄もいます。

人気絶頂で多忙を極めたオカザえもんは体調を崩してしまい、イベント出演などの 業務をこなすことが出来なくなってしまいました。 その時代役として登場したのが「オカザえもん兄」です。 兄の本名は岡崎衛門之丞(おかざきえもんのじょう)といい、額田郡でもなく西尾市 でもなくれっきとした岡崎市出身の由緒正しいゆるキャラです。 生年月日はオカザえもんよりも数年前(兄なので当然です)で1967年の1月1日、 額田町合併記念日になっています。 体重はオカザえもんと同じく60キロですが身長は10センチ低く170センチ、 弟よりもややぽっちゃりしたスタイルなのでしょうか。 助っ人として登場したオカザえもん兄ですがこれからもピンチの時には駆けつける ようで、2人が一緒に参加したイベントもあります。 野暮な人の中にはきっと「どうせ外側が違うだけで中身は同じなんだろ」とか 「話題づくりで二人目の設定作っただけなんじゃないの」という捻くれた意見を ネットの掲示板に書き込むような行動をとる人も現れると予想されましたが、2人が 同時に出現することでそんな相手を黙らせることに成功しました。 兄と弟が別人であるのはもはや疑うことのできない事実なので、同一人物がなりすます だけのことではないかという疑念を見事に打ち消したのです。 ふたりの見た目はほとんど同じで、多少は違う部分もあるようですが素人には区別が つかないレベルの差異しかありません。 見慣れている人ならちょっとした違和感から気付くかもしれませんが、オカザえもん ですよー、と紹介されたのがオカザえもん兄だとしても、85%のお客さんはそれを 信じてしまいそうなほどにそっくりの容姿をしています。 あえて見分け方のポイントを探すと、兄の方が少し髪の毛が長くオカッパのような 髪形になっているような気がしないこともありませんが、これも普段のオカザえもん を知らなければ気がつかない程度の違いでしかありません。 身長が10センチ違うならそこで見分ければいいじゃん、と思っても二人が横に並んで いなければ意味がありませんし、公称180センチのキャラだけどそんなに高身長 には見えないから偽者、すなわち兄の方だな!と見破るのは困難です。 ただの人間なら10センチもサバを読んだらばれるでしょうが、ゆるキャラだと そのへんは気がつかないというか規格が人間ではないのでおよそなんセンチ、という 読みがうまく働かないのです。 これは岡崎市のゆるキャラだけのことではなく、岩手県のゆるキャラでも正確に身長を 見破ることはなかなかできません。 生身の人間、ごく普通のスタイルの人間相手なら身長160センチ位か、170センチ 位か、それとも180センチはありそうかを見抜くことは非常に簡単です。 ですが異空間ともいえるイベント会場に姿をみせるゆるキャラを相手にした場合は 自分の中の身長測定センサーが正常に機能せず、それどころか身長を気にするきっかけ すら与えられることがないので、よっぽどありえない身長でなければ手放しでその姿を ほとんどの観客は受け入れてしまうでしょう。 一応兄の特技はボックスステップということですので、これを披露したのなら弟の方 ではないかもしれない、と勘ぐることはできますし、バツイチの弟よりも上を行く バツニなのでそこから見破ることも不可能ではないかもしれませんが、パッと見た だけではほとんど同じようなまるで双子のような姿をしています。 つまりは兄・弟が単体でイベント会場に現れた場合に告知無しではどちらなのかを判断 するのはとても困難ですが、それは同じキャラで一人二役を場面によって使い分けている ということには結びつかず、実際に兄弟の2人が存在することを否定できる証拠には なり得ないというわけなのです。