オカザえもんという異色のゆるキャラ(愛知県岡崎市)

オカザえもんプロフ

気になるオカザえもんのプロフィールを簡単に紹介します。

岡崎市民なら誰もが知っているゆるキャラ「オカザえもん」は、現代美術作家の 斉と公平太が生み出したとってもユニーク(不気味)な風貌のキャラクターです。 岡崎アート広報大臣も勤めた彼の本名は岡崎衛門之介(おかざきえもんのすけ) といい、出身地はもちろん岡崎市です。 家族には兄の岡崎衛門之丞と4歳になるオカザえもんJrが確認されていますが、 バツイチなので奥さんは現在いないようです。 誕生日は1972年7月1日で、オカザえもんが若く見えるとは言いませんが意外と 年をとっている部類になるゆるキャラでしょう。 ちなみに7月1日は岡崎市の市制記念日になっています。 40代でバツイチの子持ちとゆるキャラらしからぬ生々しい素性なのもこの世界では 貴重な存在で、愛知県民にしかあまり知られていなかった岡崎市を全国区の知名度に してくれた功績はとても大きなものでしょう。 趣味も年相応で渋く、ジャズ鑑賞、現代美術鑑賞といったアダルトな要素を含む ものになっていますが、特技は自己流ダンスとこちらは少し少年ぽさもあります。 見た目とは裏腹にジャズにはけっこう詳しいようで、好きなのはマイルス・デイヴィス の「ダーク・メイガス」とチャールズ・ミンガスの「直立猿人」、さらには若かりし頃 妻(?)と岡崎市内を流れる乙川でデートをした際にプレゼントでビル・エヴァンスの 「ワルツ・フォー・デビイ」のレコードを贈ったというエピソードもあります。 それがいつのことかはわかりませんが、CDではなくレコードということから推理 するに20年以上前、オカザえもんが成人式を迎える前のことだったのではないかと 考えられますし、もしかしたらもっと昔の25年位前の出来事である可能性もあります。 そもしそうならオカザえもんJrの誕生するはるか以前のことになりますが、この推理は CDではなくレコードが主流だった時代ということが土台になっています。 しかしジャズというジャンルを考えると、CDが普及するようになってからもデジタル のCDで聴くよりはアナログのレコードで聴くべきだ、同じCDも発売されているけど 贈るなら探して取り寄せてでもレコードで渡したい、と拘って普通のCD屋ではもう レコードを取り扱わなくなってしまった時代に、レコードプレイヤーを売っている お店が激減してしまった時代に、それでもレコード盤をプレゼントした可能性も 少なからずありますので、実は10年位前のエピソードだということもありえます。 レコードにはCDにはない味やノイズがあり、温かい音をしています。 なので特別な贈り物として音楽を伝えたい場合には、レコードの方が喜ばれるかも しれないと考えたとしても合点はいきます。 ですがそこで注意しなければならないのは、相手がそれを聴く環境を持っているのか を事前に確認しておかなければならないことです。 CDプレイヤーは持ってるけどレコードプレイヤーを持っていない人にレコードを プレゼントしても、それは嫌がらせと受け取られても仕方の無い行為になります。 これは瓶ビールがあって呑みたいけど栓抜きがない時の気分に通じます。 ワインを飲みたいけどコルク抜きがない時の気分にも通じます。 トイレに入ったけど紙がなかった時の気分にも通じます。 せっかく素敵な音楽が詰まっているレコードでも、好きなミュージシャンのレコード だとしても、聴くことができなければ残念に感じます。 ジャケットを眺めるだけで満足してね、というならいいですがせっかくなら聴いて 貰いたいですし、相手も聴きたがるのが分かっていればなおさらです。 なのでオカザえもんが、相手がプレイヤーを所持しているのを確認後にレコードを プレゼントしたのならそれがいつ頃のことかを推理するのは難しくなってしまうので、 贈り物の内容も考慮すると20年以上前かどうかは疑わしくなります。 10代の若者が選ぶプレゼントにしては渋すぎますしね。